赤×ギンガムチェックではっきりくっきり~★

赤のカーディガンに白と黒のギンガムチェックのタイトスカートと合わせたコーディネート

◆コーデのテーマ:ちょっぴりレトロなガーリールック
◆コーデのポイント:たまにはカーディガンをウエストIN♪

赤のカーディガンに白と黒のギンガムチェックのタイトスカートと合わせたコーディネート

みなさん。こんばんは。

「こんばんは」と言ったのは、これを書いている今が夜だからです。夜っていうか、すごい夜中だからです。
最近生活の不規則具合がハンパじゃありません。お肌も確実にヤバイ感じになってます。

でも夜って、ちょっと楽しいっていうか、寝るのがもったいないと思えるような魅力があるじゃないですか。だから良くないの分かってて、ついコーヒーとか飲んじゃう。

あ、そうそう、私のオススメのコーヒーはね……って、アカーーーーーン!!!夜の魔力で全っ然本筋に入られへん!

手強いナイトデビルの誘惑と闘いながら、今日もコーディネート解説やっていこう。

 

スポンサーリンク

 

STEP1:コーデの種を決める

今回は赤いで!何がって、コーデの種にしたH&Mのカーディガンが赤いんやで!
いやマジでめっちゃ赤くない? 実物はもっと鮮やかなんやけど。

この日は、とあるお客さんのところに行く予定がありまして、そちらには初対面の方もいらっしゃるとのことだったので、明るい雰囲気が伝わるようにブライトカラーをまとってみました★

このカーディガンね、いいよ。H&Mだから(しかもセール時に買ったから)超絶にプチプラなんだけど、生地もしっかりしてるし、前を開けて着ても、前身頃がボタンの重さで「ダラ~ン」となったりしないの。

しかも私の好きなコンパクトシルエット♪ H&Mは、小さめのサイズもちゃんと展開してくれてるところが好きです。

で、私はカーディガンを着るときは、ボタンを全閉めして、プルオーバーみたいな感じで着こなすことが多いんだけど、今回はそれに一ひねり効かせてみました。

それが、カーディガンの『ウエストIN』です。入れちゃうのよ、カーディガンの裾を。

まー結構やってる人も多いから、新規性はそんなにないんだけど……。でも、アイテムを正統的にスタイリングするのが好きな自分としてはかなり新鮮だったります。

※「コーデの種」とは、その日の気分や予定によって選んだアイテム・テイストなど、コーデを組むときの出発点になるものです。

 

STEP2:ボトムを決める

この日は、スケジュール的に座ってる時間が多くなりそうだったので、シワになりにくいボトムがいいなと思いました。そしてスカートを穿きたかったので、シワになりにくいスカートがいいなと思いました。

そこで選んだのが、白×黒のギンガムチェックのタイトスカートです。フレアタイプはどうしても座りジワができやすいからね(生地によるけど)。

あと、コレを選んだもう一つの理由は、カーディガンの赤とのコントラストを楽しみたかったからです。なんかいいじゃないですか、赤・黒・白って。こうハッキリくっきりした感じで♪

ギンガムチェックとイエローなんかの組み合わせも好きだな~。

 

STEP3:小物を決める

んじゃ最後に小物で味付けしていきまーす。

まずは、腰回りがちょいと寂しいので、スカートの色柄から拾った黒のベルトをクルッと。統一感が出るように、靴もブラックにしときました。

で、ちょっと話は戻りますが、私はカーディガンをスカートに入れるというスタイリングを見ると、なんかこう、レトロでガーリーな女性像が浮かんでくるんですよね。

なのでこのコーデも、そんなイメージに仕上げていきたいと思います!

先ほど「靴もブラックに」と書きましたが、さらに言うと、「ガーリー」な雰囲気が漂うよう、エナメルのラウンドトゥパンプスにしました。

そして、「レトロ」感は黒のショートソックスで演出★ こうやってソックスを投入することで、カーディガンのウエストINという、「着こなしの遊び要素」もよりいっそう活きてくるのです。(この意味ちゃんと伝わってるだろうか……不安。)

最後にアクセは、ゴールドのフープイヤリングに、バングルとリング。ベルトのバックルに結構存在感があるので、あえてネックレスはしませんでしたよん。

というワケで。今回のコーデは完成でーーーす!

 


おっしゃー!ナイトデビルに打ち勝ってこの記事を何とか書き終えたぞ!
それではみなさん、さようならm(_ _)m

まとめ

トップスインで、カーディガンの着こなしバリエを増やす。

 

スポンサーリンク

 

スモッグ風ギンガムチェックでつくる初夏コーデの巻

ピンクと白のギンガムチェックシャツとデニムのコーディネート。

◆コーデのテーマ:ブライトカジュアル
◆コーデのポイント:ブーツカット&ウエストINでちょい90’sっぽく

ピンクと白のギンガムチェックシャツとデニムのコーディネート。

いや~…ハンパないよね。

久々感が。

更新頻度が激低い件については、いろんなページで散々謝っておりますので、逆に今回は謝罪いたしません!
しかもこのコーデも約1ヵ月前のやつだしね。最高!!

まーそんな小さなコトは置いといて、早速コーディネート解説いってみよう♪

 

スポンサーリンク

 

STEP1:コーデの種を決める

ユニクロで見つけちゃったの。超可愛いこのリネンシャツを♡

既にリネンシャツは何枚か持ってるんだけど、ピンク×ホワイトのコンビネーションがたまんなくて、ついつい購入してしまいました。

ギンガムチェックシャツの拡大画像

着ると顔色もパァッと明るくしてくれるの。

早く袖を通したくてウズウズしてたので、今回のコーデの種はこちらのリネンシャツでございます!

ところでさぁ、このチェック柄を見るとね、あるモノを思い出すの。
それは何かと言うと、よく幼稚園児のコたちが着てる「スモッグ」。まさにこんなやつ↓

実際自分が幼稚園児だった頃、ホントにこういう色柄のスモッグを着てたのよ。
まー…だから何なんだっつう話なんだけどね。

※「コーデの種」とは、その日の気分や予定によって選んだアイテム・テイストなど、コーデを組むときの出発点になるものです。

 

STEP2:ボトムを決める

この日はですね、ちょっとお客さんのご自宅に伺って、ワードローブを拝見させていただくという予定があったのよね。なので、お座敷でも座りやすい&動きやすい&シワになりにくいボトムを穿きたい気分でした。

ならやっぱりパンツだろうということで、今回のジーンズに決定!!このシャツに合うようなシワになりにくいパンツも他になかったしね。

で、シャツのピンク×ホワイトの淡配色がきちんと引き立つように、ちょっと濃いめのインディゴデニムにしました。これでメリハリのあるカラーバランスになりますね。

ちなみに、このジーンズのラインはブーツカット。はい、あんまりトレンドのシルエットじゃありません。でもいいの。気に入ってるから。

せっかくなので、もういっそ「トレンドじゃない」要素をもっと付け足しちゃいましょう!それでやったのが、トップスの『全入れ』。足長効果を狙ったというのもありますが、普通このコーデを今やるなら、流行りの“フロント部分ちょっと入れ”だよね。

フフフ…アレをみんながみんなやると思ったら大間違いさ。

はい、ブーツカット&シャツ全入れのおかげで、ちょうどいい感じにダサくなりました。逆に流行ってる90’s風になったね。

 

STEP3:小物を決める

では最後に小物を決めていきまーす!

お客さんのトコロにはいろいろ雑誌やら資料やらを持っていきたかったので、バッグはデカめのトート一択。この時期らしい、ホワイト&キャメルのツートーンのやつにしました★

ダークカラーにしちゃうとスモッグのせっかくの軽さが…あ、違う、シャツのせっかくの軽さがなくなってしまうので、あくまでライトな色味をチョイス!

そして足元は、バッグとカラーリンクするように同じキャメル系のパンプスで。さらに、トップスインしたウエスト周りが寂しくならないよう、これまた同じキャメル色のレザーベルトをオンしときます。

靴&ベルトのバックルと、トートに付いてる金具も同じゴールドで統一!画像には映ってないけど、イヤリングもゴールドのフープにしてます★

あ、あと、袖はちょっとロールアップして手首を見るのがお約束でっせ~。

以上で、この日のコーデは完成ー!

 


やっぱり明るいピンクはイイネ~。 気分がアガるよね。
ホント、幼稚園児みたいに無邪気な気分になれちゃうワ♪

まとめ

あえてちょいダサエッセンスを効かせて、90’sルックを楽しむ。

 

スポンサーリンク

 

ミニスカを元気に着る「ミツバチ」コーデ。

ボーダーTシャツにイエローのカーディガンを重ね着し、ブラックのミニスカートを合わせたコーディネート。

◆コーデのテーマ:POPで元気なGirl(に年齢は関係ない)
◆コーデのポイント:ボーダーTでコーデにアクセントを。

ボーダーTシャツにイエローのカーディガンを重ね着し、ブラックのミニスカートを合わせたコーディネート。

ご存じの方も多いと思いますが、無印良品っていつも何かと注目を集めてるよね。

今日ご紹介するコーデは、そんな無印良品のボーダーTシャツを使ったやつです。
こうやって記事にも載せてることだし、なんかタダで良い商品送ってきくんないかな~、無印良品さん…。

そんな戯けはまあ置いといて、コーディネート解説いってみよう!

 

スポンサーリンク

 

STEP1:コーデの種を決める

今回のコーデの種は、イエローのニットロングカーディガンです。
毎度のことですが、やっぱり今日も明るい色が着たい!ってな理由で。

んで、このカーデを着るときにいつも考えるポイントがこちら↓

  • 深Vネックなので、下に着るインナーのネックラインは、首元のバランスが美しく整うものを選ぶ。
  • 丈が少し長い&若干体にフィットするシルエットなので、ボトムスのボリュームやレングスに注意する。
  • このニットの毛は少し服に付きやすいので、毛が付きにくいor付いても目立たない生地のものをボトムに持ってくる。
  • 全体のバランスを見て、ボタンの閉め方・閉める数を決める。

ということで、これらのポイントも念頭に置きながらコーデを組んでいきまーす!

※「コーデの種」とは、その日の気分や予定によって選んだアイテム・テイストなど、コーデを組むときの出発点になるものです。

 

STEP2:ボトムを決める

さて合わせるボトムですが、この日は何だかスカートを着たい気分でした♪
いつもならパンツを合わせることが多いこのカーデですが、たまにはスカート合わせも考えてみようと思いまして…。

ただ、私の定番アイテムである膝丈フレアスカートだとちょっと相性が悪い(汗)。
カーデの丈が少し長いので、スカートを合わせるならやっぱりミニの方がバランス的に◎です!

そこで、選んだのがブラックのタイトなミニスカート。
このスカートの生地は毛が付きにくいタイプだし、イエロー×ブラックという色合わせも超好き!

とここまでで、鮮やかなイエローのカーデと黒のミニスカというコーディネートが出来上がったのですが、それを見て湧いてきたのは「POPな元気Girl」というイメージ。

Girlと言えるような歳じゃないけどね!そこはほっとくんだぞ!!

何はともあれ、コーデ全体のテイストはそんなイメージで仕上げていくことに決定★

 

STEP3:カーデでのインナーを決める

POPなGirlをイメージしていくなら、もう少し遊びというか、ひと捻り欲しいな~…と私は思いました。

そこで投入したのが、冒頭でお伝えした黒×白のボーダーTであります。

ボーダーのピッチが細すぎず太すぎずの丁度良い感じで、着心地もGOOD。
ピタっとしたフィット感がこれまた私のツボ!
(なんか無印良品の回し者みたい…違います。)

柄物を取り入れることで、コーデにリズムができてPOPさもプラスされました♪
しかも柄物と言っても、白と、スカートと同じ黒しか使われていないので、散らかった感じにもならないしね。

さらに、基本的に深Vネックのアイテムのインナーにはタートルネックorボートネック、またはチューブトップを合わせる私ですが、今回のボーダーTのクルーネックなら、首元のバランスという点においてもOKかなと思いました。

足元にはまたまた黒のショートブーツを合わせて、若干の”ゴツさ”をプラス。
そうすることで、ミニスカが持つ「いやらしさ」を「健康的に」見せることができます!

そして最後にちょっと細かい点ですが、カーデのボタンの閉め方を決めます。
いくつかパターンを試した結果、今回は上の2つだけ閉めるのがバランス的に良かったのでそれに決定♪

はい!以上で今回のコーディネートは完成です!!

 


出来上がったコーデを見たときの私の感想は、「なんか、蜂みたい」。

あ、やっぱりあなたもそう思った?
え?別に思ってない?

ってか、そんな言うほど興味ない?
あーそっちか~。そんな言うほど興味ないパターンの方~。

まとめ
インナーに柄物を取り入れてコーデに奥行を出す。
ミニスカを履くときは、合わせるアイテムを考えていやらしさを軽減する。

 

スポンサーリンク

 

まだ寒い時期は、色で春らしさを演出~♪

グレーを基調としたミックスニットにラベンダーカラーのスキニーパンツを合わせたコーディネート。

◆コーデのテーマ:リラックスカジュアル
◆コーデのポイント:軽やかな明るい色で春感を出す

グレーを基調としたミックスニットにラベンダーカラーのスキニーパンツを合わせたコーディネート。

えー・・・っと、久々のコーディネート解説記事更新です(汗)。
ほんとスミマセンm(_ _)m

しかもコーデ自体がちょい前のものなので、もう4月なのにタートルニットとか着ております。
もうほんと、すみません!

そんな申し訳ない気持ちをたらふく抱えながら、さっそく解説に移らせていただきます。

 

スポンサーリンク

 

STEP1:コーデの種を決める

確かこのコーデをしたのは3月の上旬頃。
まだまだ真冬の寒さが残る気温だったのでぬくいカッコにしたかったのですが、同時に「春らしさ」も出したい時期。

ということで今回のコーデの種は、薄いラベンダー色が春らしいスキニーパンツに決定!

最近特にラベンダーカラーに目が行ってしまう私。
一言にラベンダーと言っても、ショップではいろんなバリエーションのラベンダー色が出てきていますよね。
ピンクよりのものとか、ブルーよりのものとか…。

そんな風にたくさんの種類を出してくれると、自分のお肌の色に合わせて選べるから嬉しいっすね★

※「コーデの種」とは、その日の気分や予定によって選んだアイテム・テイストなど、コーデを組むときの出発点になるものです。

 

STEP2:トップスを決める

んじゃトップスを決めてくぞー。

先ほども言いましたが、まだ相当寒い日だったので、あたたかい物が着たいワケです。
なのでモコモコのオフタートルのニットを選びました。

そしてなぜこれを選んだかと言うと、このニットには紫系の糸も編み込まれていて、今回の薄紫のパンツと相性がピッタリなのです。

↓ ニットの拡大画像 ↓

グレーのミックスニットの拡大画像

わざわざ画像載せたのに、紫の糸の存在が分かりにくいという悲しさ。

まーとりあえず色んな色が入っていることは分かった?
ならよし!!

さらにこのニットは少しゆったりめのシルエットなので、スキニーパンツともバランスよく着こなせます。

 

STEP3:仕上げ

最後に小物で仕上げます★

まず足元は、「春もガンガン履きます宣言」をした黒のショートブーツ。
ロングブーツだとさすがに冬っぽさ前回になってしまうけど、ショート丈なら春でもOKな感じですね♪

そして、今回はゆったりニットの雰囲気を引き継いでカジュアルな感じにしたかったので、ネックレスはなし。
他のアクセはフープイヤリングとバングル、リングを付けました。

ってな感じで、春の気分を取り入れたあったかコーデの完成でーす!

 


やっぱり季節の変わり目ってコーディネート考えるのが難しいよね(汗)。
ペラペラの服はまだ着れないし、かと言って真冬と同じ恰好するのもな~…みたいな。

と言っておきながら、私はあまり季節を先取りしたコーデをするタイプではない(笑)。
体が大事。体感温度の調節の方が圧倒的に大事。

なので今回のように、色や小物で季節感をアップデートしてくのが私のやり方なのだ。

まとめ
冬の終わりのコーデでは、明るい色や軽やかな色で春らしさを取り入れる

 

スポンサーリンク

 

海外出張コーデその3~かっちりスタイルをガウチョでハズす~

白のボートネックプルオーバーにグレーのジャケット、黒のガウチョパンツを合わせたコーディネート。

◆コーデのテーマ:シックな”きちんと”ルック
◆コーデのポイント:合わせるアイテムで遊びを効かせる

白のボートネックプルオーバーにグレーのジャケット、黒のガウチョパンツを合わせたコーディネート。

今回も引き続き、海外出張スタイルでーす。
もう今日は、四の五の言わずにいきなりコーディネート解説にいくよ!

【ちなみに関連記事はこちら】
もうすぐ初めての海外出張だ~★
海外出張コーデその1~キッズものをフル活用~
海外出張コーデその2~春らしい色合わせで軽やかに~

 

スポンサーリンク

 

【STEP1:コーデの種を決める】

今回はちょっとコーデを組むのに悩みました。
というのも、次の二つの条件を満たさなければならなかったからです!

【1】失礼のない程度のかっちりスタイルにする。
→この日のスケジュールには、ちょっと”きちんと”しなきゃいけない予定があったので、100%カジュアルテイストでいくのはマズい日だった。

【2】かつ動きやすいスタイルにする。
→かっちりしなきゃいけない一方で、移動も多いので動きやすい恰好にもしたかった。

そしてどうしようかいろいろと考えた結果、このガウチョパンツが2つの要求を満たしてくれました!

色はブラックだからシックにキマるし、ガウチョなのでもちろん動きやすい!
しかもかっちりスタイルにガウチョパンツを投入することで、(失礼にならない程度に)意外性が出てコーデに遊びも出てくる!

ということで、今回のコーデの種はこちらのパンツに決定~。

※「コーデの種」とは、その日の気分や予定によって選んだアイテム・テイストなど、コーデを組むときの出発点になるものです。

 

【STEP2:合わせる洋服を決める】

まずは、きちんとルックに欠かせないジャケットを投入。全体の色の重さを軽減するため、ブラックではなくグレーにしました。

続いてインナーですが、さらにコーデを軽やかにするべく白のボートネックプルオーバーをチョイス。

ガウチョパンツで黒の面積が多くなっているので、このように合わせるアイテムの色に配慮して、全体の雰囲気が重くなり過ぎないように気を付けるのがポイントです。

さらにジャケットに関して言うと、丈が長いこのボトムとバランスが取れるように少し短めの着丈のものを選びました。
長めのボトムには短めのトップスを合わせるというのは黄金ルールですね!

 

【STEP3:小物を決める】

では小物でさらに味付けしていきましょう。

まずきちんと感&華やかさをプラスするためにパールネックレスをON。
これで顔周りの白の面積が増えるので、さらに明るい印象にもなります。

そして!靴はパンプスではなく黒エナメルのバレエシューズを合わせました!!

なぜバレエシューズかと言うと、ひとつはめっちゃ歩きやすいから。ヒールパンプスで動き回るのはしんどいもんね。
でもスニーカーじゃないので、きちんとしなきゃいけないシーンでも悪目立ちしない。

ふたつめは、パンプスではなくあえてバレエシューズにすることで、コーデにさらに遊び心が出てくるから。
ただの「地味なきちんとルック」になるのは避けたいのでね!

と、まー今回はこんな感じで完成でーす。


なんかやっぱり「ある程度ちゃんとした格好で…」っていう縛りがいちばん難しいよね。
スーツじゃやりすぎな感じだし、かと言って全く普段通りというワケにもいかんしな…。

こういうときちょっと思っちゃうんだよねー。
もうみんな裸でいいじゃねーかって。

 

まとめ
合わせるアイテムを工夫して、きちんとルックも自分流にハズしてみる

 

スポンサーリンク

 

海外出張コーデその2~春らしい色合わせで軽やかに~

ピンクのワンピースにホワイトのクロップドパンツを合わせたコーディネート。

◆コーデのテーマ:大人っぽカジュアル
◆コーデのポイント:ピンク×ホワイトで春気分♪

ピンクのワンピースにホワイトのクロップドパンツを合わせたコーディネート。

今回も前回に引き続き、海外出張スタイルです。

いきなり全然関係ない話させていただきますが、本当にコーヒーには眠気覚まし効果があるんですかね?
さっきから何杯も飲んでるのに絶好調に眠いんですけど。

そんな途中で寝てしまいそうな自分と闘いながら、今日もコーディネート解説をしたいと思います。

【関連記事】
もうすぐ初めての海外出張だ~★
海外出張コーデその1~キッズものをフル活用~

 

スポンサーリンク

 

【STEP1:コーデの種を決める】

今回も前回同様、動きやすいカジュアルスタイルが基本ですが、3月になって春めいてきた(まだ全然寒いが)っつーことで春らしい色合わせのコーデにしたいと思います。

そこで選んだコーデの種が、こちらのダスティピンクのワンピ。
ワンピと言ってもスリットの深さがギネス級なので、ボトムは絶対履かなきゃダメですが。

でもこういうデザインってちょっと珍しくていいよね。
スリットがここまで深いとかなり動きやすいし、シワも比較的目立たない素材なので旅にはぴったり!

しかもちょっとボディラインが出るリブ編みになってるから、しっかり大人っぽさも演出してくれます。

あ、ちなみにこれはGUでございま~す。

※「コーデの種」とは、その日の気分や予定によって選んだアイテム・テイストなど、コーデを組むときの出発点になるものです。

 

【STEP2:ボトムを決める】

ではボトムを決めていきます。

このワンピにはインディゴブルーのスキニーデニムとかでも全然いいんですけど、今回は春らしい色合わせにしたかったので白のレギンスを合わせました★

淡いor明るい色に濃いor暗い色を合わせるというやり方は、コーデを組み立てる時にはテッパンの手法ではありますが、こうやって淡いor明るい色同士を合わせると、一気に軽やかで爽やかなイメージになりますね。

まだまだ寒い3月は、素材の薄さではなく色合わせで春感を演出するのが体に優しいってもんだ。

 

【STEP3:仕上げ】

仕上げです。

まず足元ですが、こちらは前回と同じ白のスニーカー。
白のボトムに白のスニーカーを合わせることで足長効果も狙います。

アクセも前回と同じ、大き目のフープイヤリングとチェーンが太めのネックレス、そしてバングルです。

ちなみにこのコーデにパンプスを合わせて、ゴールド系の華奢なアクセなんかを付けると、テイストがガラっと変わってレディ度高めなコーデになるでしょうね。
やっぱり小物って全体の雰囲気を左右する重要なポイントですね~。

と、小物の威力を改めて感じたところで今回のコーデはこれで完成!


もうとっくの前から、雑誌やショップには春らしくてうっす~い、ペランペランの素材の洋服達が並んでいますね。

だがしかし、こちとら生身の人間。この時期にそんなもの着てられん。
なので今は色の合わせ方で春感を出していくのが得策です。

ってかヤバイ。
いよいよ超絶に眠くなってきたので今日はこのへんd…

 

まとめ
春の始めは色合わせで春気分を漂わせる

 

スポンサーリンク

 

海外出張コーデその1~キッズものをフル活用~

GUのキッズサイズのスウェットチュニックにユニクロのキッズサイズのスキニーデニムを合わせたコーディネート。

◆コーデのテーマ:動きやすさ重視のカジュアルテイスト
◆コーデのポイント:子供服を取り入れる

GUのキッズサイズのスウェットチュニックにユニクロのキッズサイズのスキニーデニムを合わせたコーディネート。

初めての海外、仕事で行ってまいりました。

大変貴重な経験をさせていただいたのですが、「この歳で海外自体初めてなんです」と言うと、「…あ、あぁ…」的な、リアクションに困る的な表情を方々にさせてしまったことに申し訳なさを感じた旅でもありました。

そんなしょっぱい想いを胸に、今日のコーディネート解説にいきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

【STEP1:コーデの種を決める】

移動の多いスケジュールだったので、やはりテーマは「動きやすさ」です。
なのでテイストもカジュアル度120%で!

ちなみ今回は、このレスポートサックのショルダーバッグを持っていくことを最初から決めていました。
大きさ、形、機能性、いずれの点においても旅にピッタリのアイテムなのでね。

ということで、今回のコーデの種はこのバッグです。

このバッグのさらに良いところは、柄にたくさんの色が使われているところ。
そのおかげで、合わせる洋服の色はたいていのものはOKなんです。

ただ次の点には注意が必要!

・ブラウンがベースになっているので、黒がメインになっている洋服とは合わせない。
(個人的にブラウン×ブラックという色合わせはあまり好きじゃない)

・柄モノなので、洋服はできるだけ無地のものにする。柄モノの洋服を合わせる場合は、全体のまとまり感を意識する。

では、これらの注意点を念頭に置きつつ、合わせる洋服を選んでいきましょう!

※「コーデの種」とは、その日の気分や予定によって選んだアイテム・テイストなど、コーデを組むときの出発点になるものです。

 

【STEP2:洋服を決める】

まずはトップスですね。

今回はカジュアルテイスト&動きやすさ重視なので、スウェット地のチュニックをチョイスしてみました。

でねでね、ここがひとつポイントなんだけど、実はコレ、150cmのキッズものです。

キッズサイズの何がいいって、まずサイズ感がおチビの私にとってベストなところ。

ファッションを考える上で、サイズというのはやはり超重要です。
なぜなら、それは全体のシルエットを左右するし、シルエットが左右されると全体の雰囲気も変わってくるからです。

もちろん全ての150㎝の子供服が私にピッタリというわけではありません(笑)が、ものによってはかなりしっくりくるものがありますね!

そして子供服の良いところの2つ目は、デザインが大人向けのよりカワイイのがあったりするところ。
まあ、子供向けなんでね、そりゃ可愛らしいのもたくさんありますよ★

なんで、サイズ感&デザイン的に「お、これいいんじゃない?」って思ったら、私は子供服でもワードローブに追加していきます。

さて、次にボトムですが、トップスが丈長め&ゆったりシルエットなので、スキニーデニムを合わせてボディラインにメリハリを出します。

実はこのデニムもキッズサイズ

まーものによるんだけど、普通の大人サイズのスキニーって私にはちょっと合わなかったりするので(最近は太ったから若干このパンツはキツくなったけど、そこは気付かないフリをするとして)、たまにキッズサイズを試すんです。

で、これは試着したときに結構イイ感じだったので購入しました。

あとねー、子供服のパンツって、基本的に股上が深いところがまたいいのよ。
私、日本人というか、モデル並みのスタイルじゃない一般人って、やっぱりローライズよりハイウェストタイプのパンツの方が足長く見えると思うんだよね。

そして股上が深いとバックのポケットの位置も高くなるから、後ろから見たときも少し腰高に見えるし。
さらに言うと、しゃがんでも下着が見えたりしないしね(笑)。

 

【STEP3:小物を選ぶ】

最後に小物を選んで行きましょう。

まず、足元は白のスニーカーです。バッグのボディ部分も白地なので相性が良いですね。

次にアクセですが今回はカジュアル度が高いので、ちょっと存在感のあるアクセを付けて多少の大人っぽさは演出したいところ。

なので耳には大き目のフープイヤリング、首元にはチェーンが太めのネックレスをつけました。あ、あとバングルもね。
ちなみにすべてシルバー系で統一。

…という感じで、今回のコーデは完成で~す。


今回は上下共に子供服というコーデでしたが、やっぱり、ショップで試着するときに若干のハズさはあるよね。

「あれ?え、なんかあの人、自分の子供か親戚のために買って帰るんじゃなくて自分が着ちゃうんだ~…」的な店員さんの視線を浴びながら試着室に入っていくときのあの感じはハズいよね。

でもねみんな!ファッションには勇気が必要なのよ!!
負けないで!!!

 

まとめ
たまには子供服もチェックして、良いものはワードローブに取り入れる

 

スポンサーリンク

 

重~くなりがちな冬コーデをパッと明るくするの巻き

アイスブルーのシャギーニットにキャメル色のフレアスカートを合わせたコーディネート。

◆コーデのテーマ:お上品系ガーリー
◆コーデのポイント:軽い色と軽い色を合わせる

アイスブルーのシャギーニットにキャメル色のフレアスカートを合わせたコーディネート。

気付けばもうすぐ2月も終わり。はっやぇな~…。

なんでずっとお正月じゃないんだろ?
だってみんな好きでしょ?お正月。

おせち料理とかお雑煮食べてさー、ひたすらダラダラすんの。
ねーみんな好きでしょー。だったらずっとお正月でいいじゃんよー!じゃんよー!じゃんよー!じゃんよー!…

時の流れに抗って無駄に精神的エネルギーを消耗したことろで、今日のコーディネート解説に移りましょう。

 

スポンサーリンク

 

【STEP1:コーデの種を決める】

以前このコーディネート解説ぺージで、「冬に着る、アイスブルーの素敵さよ。」っていう記事を書きました。

寒い時期にあえて寒色系の洋服を着るのって素敵よねっていう話だったんですが、今回もまたそんな色のアイテムを着たい気分♪

ということで本日のコーデの種は、前回とは違うアイスブルーのニットです★
ボートネックやシャギー素材になっているところが今季っぽいですね。

ところで、こういう明るい色味のニットって、例年どうしてもモヘア素材が多かったのよね。

でもモヘアって、めっちゃ他の洋服に毛が付いちゃうでしょ?

それがすごくイヤで、明るい色のニットを見つけても「あ~またモヘアか…」っていつもなってました。

でも今季は、表面がサワサワ~と毛羽だっているのが特徴なのに毛が抜けにくいシャギー素材が流行ってくれたおかげで、同素材のブライトカラーニットもたくさん出ましたね!

また次の冬も明るい色のニットをモヘア以外でも作っておくれ!各メーカーさんよ!!!

※「コーデの種」とは、その日の気分や予定によって選んだアイテム・テイストなど、コーデを組むときの出発点になるものです。

 

【STEP2:ボトムを決める】

では、ボトムを選びます。

今回のニットのような、明るい軽めの色に合わせる洋服を考えるとき、それと対極的なダーク系の色のものをもってくることが多いと思います。
パシっと引き締まりますしね。

でもね、いつもそういう色合わせのパターンだと飽きてくるし、マンネリにもなっちゃうので、たまには軽い色の洋服に、あえてまた軽い色の洋服を合わせてみましょう!

今回の例では、明るいキャメル色のフレアスカートを合わせてみました。
それにしても、キャメルというのは本当にどんな色ともバッチリだな…。

とまーこんな感じで、軽い色に軽い色を合わせると、全体の雰囲気が一気にパァッと明るくなるので、どうしても重たい感じになりがちな冬にこそオススメの色合わせテクです。

 

【STEP3:小物を選ぶ】

では最後の小物選びです。

この日は、シャギーニットのフワフワ感とスカートのふんわり感を生かしてガーリーなお上品スタイルにしたかったので、ネックレスにはパールをセレクト。

手首にもパール系のブレスレットとかバングルとか、いくつか付けて華やかにしときます。

で、足元なんですが、今回は編み上げのショートブーツでハズしてみました★

「ガーリーなお上品スタイル」なら、パンプスかキレイめのブーツあたりが鉄板ではありますが、それだとちょーっとオモシロ味がないのでこんなブーツにしてみましたよ。

まー単にこのブーツがお気に入りで、ただただ履きまくりたいからというのもありますがね。
春まで履くから!このブーツは春まで履くから!

と宣言したところで、今回のコーデは完成です。


でもホントにいよいよ春が来ますね。今年の春はどんなカッコしようかな♪
あーでもやっぱり、ずーーーっとお正月でいいじゃんよ~。(まだ言うか)

 

まとめ
明るいトーン同士の洋服合わせで冬のコーデを軽くする

 

スポンサーリンク

 

真面目になり過ぎないトラッドコーデ

赤いタートルニットにデニムシャツ、グレー系チェックのスカートを合わせたコーディネート。

◆コーデのテーマ:大人&ちょいカジュアル系トラッド
◆コーデのポイント:トップスのレイヤードで脱真面目

赤いタートルニットにデニムシャツ、グレー系チェックのスカートを合わせたコーディネート。

最近髪を黒く染めました。厳密に言うと、「黒っぽい」色です。

あー、でも今までのメイクが映えない…何というか、顔が映えない…。
え?それは単に似合ってないだけだって?

うるさいよ!

もうコーディネート解説いくよ!!

 

スポンサーリンク

 

【STEP1:コーデの種を決める】

今日のコーデの種は、グレー系チェックの膝丈スカートです。

形と言い、チェックの色味と言い、まさにオーソドックスなトラッド系アイテムですね。
やっぱり秋冬はトラッドがいい!

トラッドスタイルの面白いところは、合わせ方や着こなし方でいろんな表情が楽しめるところ。

優等生風にするのか、リッチな雰囲気にするのか、ボーイッシュな感じにするのか…などなど、その時の気分によっていろんな着方ができるんですよね。

で、今回はちょっとカジュアルな要素を足して、真面目になりすぎない雰囲気のトラッドスタイルに仕上げていきたいと思います!!

※「コーデの種」とは、その日の気分や予定によって選んだアイテム・テイストなど、コーデを組むときの出発点になるものです。

 

【STEP2:トップスを決める】

先ほど言ったように、今回はちょっとカジュアルに味付けされたトラッドスタイルをめざします。
そのために取り入れたアイテムが、このデニムシャツです!

もっとウォッシュの効いたやつでも全然いいとは思いますが、私的にはこういうキレイめの方が使いやすくて良いかな。

ただ、時期的にトップスがこのシャツ一枚だとちょっと寒い…。
しかもインディゴデニムシャツ×グレー系スカートというのは色味的にも暗い…。

ということで、鮮やかなレッドのタートルニットをIN。
このニットは半袖なので、レイヤードしてももたつきにくくていいです★

もちろん他の明るい色のニットでもOKなのですが、手持ち服の中で、インディゴ(ネイビー)やグレー系と合うのがこの赤のニットだったので、今回はこのコを採用!
あ、あと、スカートのチェックの中には赤のラインも入っていたので、そのラインとニットの色を揃えることでコーデに統一感を出すという意図もありました。

 

【STEP3:仕上げ】

では仕上げていきましょう。

バッグと靴はブラックで統一して、全体をまとめます。
靴はブーツでも良かったのですが、ちょっとレディな感じも取り入れたかったので、ストラップ付きのエナメルパンプスにしました。

さらにレディ度を高めるために、首元にはパールネックレスをON。
パールネックレスを着けた理由はそれだけじゃなく、レッド×インディゴ(ネイビー)だと顔周りの色合わせとしては若干暑苦しかった(笑)ので、パールの白を入れることで透明感をプラスしました。

最後に、トップスのニット&シャツをスカートにインしてスタイルアップしたら完成!


チェックスカートは、形や色自体に遊びがあるものならシンプルなコーデでも素敵だと思うのですが、今日のようなスカートは一歩間違えると地味なトラッドスタイルになっちゃうので、一工夫が必要です。

私もこのスカートの着こなしパターンをもっと増やしていこうっと。

まとめ
トラッドは「脱真面目」をめざして自分らしく楽しむ

 

スポンサーリンク

 

ブラックの力を借りて、主役のアイテムを生かす!

刺繍が入ったカーディガンとブラックのフレアスカートを合わせたコーディネート。

◆コーデのテーマ:アンティーク&クラシック
◆コーデのポイント:主役以外はALLブラックでキメる

刺繍が入ったカーディガンとブラックのフレアスカートを合わせたコーディネート。

眠た~い。眠たいよ~。
私起きてる時たいてい眠たいんですけど、もう一生この体質は変わらないのかしら…。

本当は眠くなりにくい体質になりたいんだけど…まあ…いいや、諦めよう。

また一つ何かを諦めたところで、今日のコーディネート解説いってみよぅ!!

 

スポンサーリンク

 

【STEP1:コーデの種を決める】

少し前から刺繍ブームが来てますね。
刺繍が持つあのちょっと懐かしいカンジが、逆にいつものアイテムを新鮮にしてくれます。

そんな流行りに乗っかって、というわけでもないのですが、今日のコーデの種も刺繍入りのキャメル色カーデです。

これを買ったのはもう何年も前ですが、フラっと寄ったセレクトショップでちょっと珍しいデザインに惹かれて購入しました。
鮮やかな紫や青など、刺繍の糸の色がキャメル地に映えているところもイイ。

ということで、今日はこのカーデを徹底的に主役にしていきましょう!

※「コーデの種」とは、その日の気分や予定によって選んだアイテム・テイストなど、コーデを組むときの出発点になるものです。

 

【STEP2:テイストを決める】

合わせるアイテムを具体的に決めていく前に、どんなテイストに仕上げるのかを先にイメージしておきたいと思います。

というのも、このカーデの持つ雰囲気はちょっと特徴的。
なんていうか、ちょい古めかしいというか、西洋のアンティークを思わせる感じというか…。

なので、コーディネート全体もそんなカーデの雰囲気に合うようなテイストにしていきましょう。

イメージ的には、なんかこういう部屋↓に出入りしてそうなシックなレディーね。

アンティークな雰囲気の部屋の画像。

で、いつもなら最後の方に決めるアクセ関係ですが、今回はネックレスを先に選んでおきました。
それがこのペンダントです!

ペンダントトップには、カーデに入っている刺繍の糸の色と同じような、薄紫の石がついています。
あと画像ではちょっとわかりにくいかもですが、石の留め具やチェーンのデザインもほんのりアンティーク調。

色&テイスト共にこのカーデにばっちりハマるので、先に合わせるネックレスをこれに決めておきました♪

 

【STEP3:合わせるアイテムを決める】

冒頭で言ったとおり、今日はこのカーデを主役にするので、主役が思いっきり引き立つように他のアイテムは全てブラックにしたいと思います!

まずカーデの下に着るインナーは、黒のチューブトップにしました。

チューブトップにした理由は、それが描いてくれる鎖骨に水平なラインが、カーデのVネックと相性が良いからです。
Vネックカーデなどに合わせるインナーを考えるときは、このような水平ラインを描くものか、タートルネックを合わせるとスッキリ美しい印象になりますね。

そしてボトムは、シックでレディーなテイストに合うブラックのフレアスカートで。
足元もアンクルストラップ付きのパンプスでクラシカルな雰囲気を盛り上げます。

もちろんバッグもブラックで統一(もっと四角いフォルムのやつがあればより良いかもね)。

はい、以上でコーデの完成~!

どう?さっきの部屋に出入りしてそうなレディー系コーデになったかしら?
なったと言って。

まとめ
他のものは全て同じ色にして、主役にしたいアイテムをとことん引き立たせる

 

スポンサーリンク