【連載】もう悩まない!日々のコーディネートはまずここを考えろ!ーvol.1ー

子猫が服を選ぶ画像

今日は、私がコーディネートを考えるときの出発点についてお話したいと思います。
「出発点」とは何かと言うと、いつもコーデを組むときに「まず決めるもの」や「その決め方」などのことです。
(※当サイトのコーディネート解説ページで、「コーデの種」と呼んでいるものですね)

何をどうやって決めるかにはいくつかのパターンがあるので、今回から全3回(予定)にわたり、連載でお伝えしていきたいと思います。
なぜ連載にするのか…それは長い文章を一気に書くのがしんどいから!お、素直だね!!

何はともあれ、毎日のコーデ組みが大変!メンドクサイ!!吐きそう!!!という方は、ぜひ参考にしてみてくださいな★

 

スポンサーリンク

 

着たいと「感じた」アイテムを一つ選んでから組み立てる

私は<直感>を働かせてその日に着るアイテムを決めることが結構あります。
例えば、「今日は何だかこのスカートが着たい気分だからそうしよう」とか、「あのブラウスの画がフワッと浮かんで来たから今日はそれを着よう」とか…。

ここで重要なのが、着たいものを”考える”のではなく、直感を使って”感じる”こと。
何を着たいのか自分の心に問いかけて、ふっと自然に返って来た答えが、今日あなたが本当に着たいものなのです。

頭を使って考えようとしてしまうと、あーでもないこーでもないという、負のスパイラルに陥ってしまいますからね。
んで最後には「あー着るものがない!」となります(女子のあるある)。

直感なんてうまく働かないよ!という方も、練習するうちに上達するので大丈夫。

そして着たいと感じた一着が決まったら、他に合わせる洋服や小物を考えて全体を仕上げていくのです。
ちなみに、私は基本的に、1枚の洋服のコーデパターンをたくさん考案していきたい人なので、選んだアイテムは前回着たときとは違う着こなしになるよう工夫しております(できる限りな)。

話を戻しますが、こうやって自分の直感(感覚)を養い、自分が本当に着たいと思うものを選べるようになって、実際にその洋服に身を包んで出掛けると、すごーく満足感のようなものを得られます。

でもこの満足感って、新しい服やお気に入りの一枚を着ているときに感じる気持ちとはちょっと違うんだよなー。
あー!これを何と表現すれば良いのかしら!!

ちょっとこの感覚は表現しづらいのですが、とにかく、自分が今着ているものに満足できるってめちゃめちゃハッピーなことじゃないですか!?

最近何を着ても気分がパッとしないんだよな〜という「パッとしない症候群」の方は、試しに洋服を直感で選んでみてください★


次回は、コーデ組みの出発点、2つ目のパターンについてお話します!
乞うご期待!!

次回へ続く。(本当に続くのか!?)

 

スポンサーリンク