赤×ギンガムチェックではっきりくっきり~★

◆コーデのテーマ:ちょっぴりレトロなガーリールック
◆コーデのポイント:たまにはカーディガンをウエストIN♪

赤のカーディガンに白と黒のギンガムチェックのタイトスカートと合わせたコーディネート

みなさん。こんばんは。

「こんばんは」と言ったのは、これを書いている今が夜だからです。夜っていうか、すごい夜中だからです。
最近生活の不規則具合がハンパじゃありません。お肌も確実にヤバイ感じになってます。

でも夜って、ちょっと楽しいっていうか、寝るのがもったいないと思えるような魅力があるじゃないですか。だから良くないの分かってて、ついコーヒーとか飲んじゃう。

あ、そうそう、私のオススメのコーヒーはね……って、アカーーーーーン!!!夜の魔力で全っ然本筋に入られへん!

手強いナイトデビルの誘惑と闘いながら、今日もコーディネート解説やっていこう。

 

スポンサーリンク


 

STEP1:コーデの種を決める

今回は赤いで!何がって、コーデの種にしたH&Mのカーディガンが赤いんやで!
いやマジでめっちゃ赤くない? 実物はもっと鮮やかなんやけど。

この日は、とあるお客さんのところに行く予定がありまして、そちらには初対面の方もいらっしゃるとのことだったので、明るい雰囲気が伝わるようにブライトカラーをまとってみました★

このカーディガンね、いいよ。H&Mだから(しかもセール時に買ったから)超絶にプチプラなんだけど、生地もしっかりしてるし、前を開けて着ても、前身頃がボタンの重さで「ダラ~ン」となったりしないの。

しかも私の好きなコンパクトシルエット♪ H&Mは、小さめのサイズもちゃんと展開してくれてるところが好きです。

で、私はカーディガンを着るときは、ボタンを全閉めして、プルオーバーみたいな感じで着こなすことが多いんだけど、今回はそれに一ひねり効かせてみました。

それが、カーディガンの『ウエストIN』です。入れちゃうのよ、カーディガンの裾を。

まー結構やってる人も多いから、新規性はそんなにないんだけど……。でも、アイテムを正統的にスタイリングするのが好きな自分としてはかなり新鮮だったります。

※「コーデの種」とは、その日の気分や予定によって選んだアイテム・テイストなど、コーデを組むときの出発点になるものです。

 

STEP2:ボトムを決める

この日は、スケジュール的に座ってる時間が多くなりそうだったので、シワになりにくいボトムがいいなと思いました。そしてスカートを穿きたかったので、シワになりにくいスカートがいいなと思いました。

そこで選んだのが、白×黒のギンガムチェックのタイトスカートです。フレアタイプはどうしても座りジワができやすいからね(生地によるけど)。

あと、コレを選んだもう一つの理由は、カーディガンの赤とのコントラストを楽しみたかったからです。なんかいいじゃないですか、赤・黒・白って。こうハッキリくっきりした感じで♪

ギンガムチェックとイエローなんかの組み合わせも好きだな~。

 

STEP3:小物を決める

んじゃ最後に小物で味付けしていきまーす。

まずは、腰回りがちょいと寂しいので、スカートの色柄から拾った黒のベルトをクルッと。統一感が出るように、靴もブラックにしときました。

で、ちょっと話は戻りますが、私はカーディガンをスカートに入れるというスタイリングを見ると、なんかこう、レトロでガーリーな女性像が浮かんでくるんですよね。

なのでこのコーデも、そんなイメージに仕上げていきたいと思います!

先ほど「靴もブラックに」と書きましたが、さらに言うと、「ガーリー」な雰囲気が漂うよう、エナメルのラウンドトゥパンプスにしました。

そして、「レトロ」感は黒のショートソックスで演出★ こうやってソックスを投入することで、カーディガンのウエストINという、「着こなしの遊び要素」もよりいっそう活きてくるのです。(この意味ちゃんと伝わってるだろうか……不安。)

最後にアクセは、ゴールドのフープイヤリングに、バングルとリング。ベルトのバックルに結構存在感があるので、あえてネックレスはしませんでしたよん。

というワケで。今回のコーデは完成でーーーす!

 


おっしゃー!ナイトデビルに打ち勝ってこの記事を何とか書き終えたぞ!
それではみなさん、さようならm(_ _)m

まとめ

トップスインで、カーディガンの着こなしバリエを増やす。

 

スポンサーリンク