【冬のお気に入りだったコーデ vol.5】レッド×ダークブラウンで華やかシックに!

※これは前の冬にお気に入りだったコーデを今さら紹介するという、季節感ゼロの記事になっております。



ある日、シューズショップの「ダイアナ」で、とってもとっても美しい靴を見つけました。スクエアトゥのフラットシューズだったのですが、何が美しかったかというと、その“配色”です。ベースがダークブラウンで、トゥの部分だけが明るめのレッドになっていたのです。

ダークブラウン×レッドの組み合わせが気に入った私は、(その靴を買うことなく)洋服のコーディネートで実践してみようと思いました。
それがこちら↓↓

レッドのニットとブラウンのスカートのコーディネート


レッドのニットにダークブラウンのスカートを合わせ、そのダイアナの靴と同じツートンカラーコーデに(コートはブラックだが)。テイスト的にはレディシックな感じを意識しました。

トップスの薄手ニットは、去年の冬にユニクロのセールでゲット。冬のレッド系アイテムは深い色が多いけど、これはピンクがかったような明るめの色。一目惚れして即購入しました。



スカートはダークブラウンですが、これもトーンは明るめ。角度によってはあずき色っぽく見えます。
「ブラウンにしては珍しく“華”のある色だな~」と思い、さっきのニットと同様去年の冬に購入。リバーシブルになっている点もお気に入りポイントです。



ボトムがダークブラウンなので、タイツ&シューズもダークブラウンで統一。ちょっとイラスト では分かりづらいですが、シューズはヒールのあるモカシン風デザインです。

全体的にこってりとした色合わせのため、パールネックレスで小さくホワイトを取り入れて軽さをプラス。イヤリングとバングルはゴールドを選び、少しリッチ感を出してみました。

ただ「まとまり過ぎるのも退屈!」ということで、バングルはあえて大振りなものを。手首に存在感を出すのは最近のマイブームでもあります。



そんなこんなで、今回はダイアナのシューズからインスピレーションを受けて、レッド×ブラウンのツートンコーデに挑戦してみました。あまり自分ではしたことのなかった配色なので、結構新鮮でしたね。

ちなみに次の冬は、レッドとキャメルの色合わせにトライしようと計画中……。果たしてその計画はきちんと実行されるのか。ってかそもそも計画自体覚えていられるのか。乞うご期待!

 

スポンサーリンク