冬に着る、アイスブルーの素敵さよ。

◆コーデのテーマ:なんだかちょっと懐かしい
◆コーデのポイント:寒い時期こそ寒そうな色を着る

アイスブルーのニットと白シャツを重ね着し、黒のスキニーパンツを合わせたコーディネート。

もーめっちゃ寒いよね~。

あー、さむい!・・・・・・ん??「さむい」?それとも「さぶい」?
たぶん「寒い」は「さむい」だよね?「さぶい」の「ぶ」って一体なんじゃ!

では今日もコーディネート解説始めます。

 

スポンサーリンク


 

【STEP1:コーデの種を決める】

今日のコーデの種はこちらのアイスブルーのニット。

冬に着るアイスブルーってやっぱりいいよね。

寒い季節にオレンジとかブラウンとか、温かみのあるカラーの洋服を着るのはもちろん素敵なんだけど、あえて「寒々しい」色を着ることで、なんかハッと目を引くコーデになるように思います。

ちなみにこのニットはうちのお母さんが何十年も前に着ていたやつ。
お母さんが処分しようとしていたところをもらっちゃいました。

もっこりとしたシルエットといい、ハイネックぎみの首元といい、ノルディック柄といい…
う~ん、なんとも言えず懐かしいカンジがするぜ。

※「コーデの種」とは、その日の気分や予定によって選んだアイテム・テイストなど、コーデを組むときの出発点になるものです。

 

【STEP2:アイスブルーを際立たせる】

今日はこのアイスブルーの爽やかさが際立つように他のアイテムの色を決めていきます。

アイスブルーが引き立つ色って、私的にはやっぱりグレーやブラック系だと思うんだよね。
でも何だかグレーの気分じゃなかったので、ブラックで統一していくことに決定!

まずボトムは黒のスキニーパンツで。ニットがボリューミーなので、その分スキニーパンツで下半身をタイトにしてシルエットにメリハリをつけます。

バッグ&ブーツも黒で統一!

めっさ細かいことやけど、今日は金具がシルバーになっているバッグを選んでいます。
アイスブルー×ブラックに合うのはゴールドの金具よりシルバーの方かなーと思うので。

他のイヤリングやバングルもシルバーで統一させています。

 

【STEP3:ニットの下にシャツを着る】

最後に、ニットの下に白シャツをレイヤードしておきました。そうした理由は二つ。

ひとつめの理由は、コーデに「キリっ」と感を加えるため。

冒頭でもお話したように、このニットは「懐かしい」感じがするんだよね(まー実際かなり古いしな)。
しかもシルエットももっこり感が強いから、ともすると田舎臭くなる恐れが…。

ところがこうして白シャツを重ねることで、全体が少し引き締まるというか、都会っぽさがプラスされる気がします。
あ、あと、襟だけでなく、カフスもちゃんとニットから見せておきましょう★

ふたつめの理由は、単にこのニットがチクチクするからです。
チクチク予防です。

まとめ
あえて寒そうな色を着て、ウィンターファッションをとことん楽しむ

 

スポンサーリンク