うーん…、ノスタルジー

◆コーデのテーマ:ノスタルジック
◆コーデのポイント:たまにはロングスカートで気分を変える

マスタード色のタートルニットに花柄のロングスカートを合わせたコーディネート。

このコーデのテーマに「ノスタルジック」とありますが、この単語を使うときって、結構みんな雰囲気で使ってない?

私も「ノスタルジック」の本当の意味は?と聞かれても端的には答えられん。
まあ、「郷愁の念」的なニュアンスですよね。

では、コーディネート解説に移りましょう。

 

スポンサーリンク


 

【STEP1:コーデの種を決める】

基本的にボトムスは膝丈フレアスカート派の私。

理由としては、

・体型からしてパンツがあまり似合わない。
・フレアスカートはボディラインにメリハリを出せる。
・膝丈だと身長が低い私でもバランスが取りやすく、TPOも選ばない。etc…

ということなどが挙げられます。

でも、いつもいつも膝丈スカートばっかり着てると飽きるしマンネリになっちゃうので、パンツもタイトスカートもミニスカートも、自分にどうしたら似合うかを考えながら着るワケであります。

そして今回は、ちょっと気分を変えるためにロング丈のスカートをコーデの種に選んでみました!

で、私がこのスカートから受ける印象が、タイトルにある「ノスタルジック」なんですよね。

「ノスタルジック」という単語を雰囲気で使って生きてきた私には言葉じゃうまく説明できないのですが、イメージ的にはこんな感じ↓

海外のノスタルジックな風景。

分かってくれる?(笑)

分かってくれない方はおいていくとして、つまり今回はスカートのノスタルジー感を生かして、この風景画像に溶け込むようなテイストでコーデを組みてていきます。

※「コーデの種」とは、その日の気分や予定によって選んだアイテム・テイストなど、コーデを組むときの出発点になるものです。

 

【STEP2:トップスをどうするか】

このスカートってちょっと変わったデザインなんですよ。

お花や葉っぱの模様が全体に描かれてるんだけど、お花の部分だけ黒のベロア調生地になっていて、他の部分と比べると少し立体感があるの。

あと、よく見ると淡いピンク系やブルー系、イエロー系の色になってる部分もあって、結構いろんな色と合わせやすいんです♪

で、今回はそのイエロー系カラーとリンクさせて、こちらのタートルニットを合わせました。

ちなみに、コーデ写真は置き撮りになってますが、実際に着るときはニットをウエストインしました。
私はオチビなので、こういうロングスカートなど下半身に目線が行くアイテムを着るときは、トップスをウエストインしたりして腰高に見えるように工夫します。

オチビは辛いよ。

 

【STEP3:仕上げ】

さあ、仕上げは小物合わせ。

まずアクセですが、ノスタルジックなイメージに合うように都会的なカチっとしたものではなく、レースモチーフのネックレスと、ビーズでできたブレスレットを選びました。

レースとかビーズのアクセって、「これは自分で手作りしましたよ」感が出るような気がして…、そしてそれがスタルジーを演出するような気がして…(手作りちゃうけど)。
共に色をブラックにしたのは、スカートにブラックの柄が入っているから。

こんな風にボトムの柄に入っている色を上半身にも散りばめていくと、コーデがまとまっていきます。
しかも黒だとよりいっそう締まって、今回のように色をたくさん使っているボトム&鮮やか色のトップスなんていうコーデでも、散らかった印象になりにくい。

そしてバッグも四角いフォルムではなく、コロンとした優しい雰囲気のものを。
このバッグもハンドル部分などにブラックが使われていますね。表地のメインカラーもスカートの一部に入ってる色。

最後にブーツもブラックに決めていっちょあがり!

 

スカートをはくときは膝丈が多い私ですが、たまにロングにしてみると一気に新鮮な気分だわ♪

まとめ
気分転換したいときやイメージを変えたいときは、いつもの着丈を変えるだけでも効果的

 

スポンサーリンク