おっと危ない!スカートのトップスイン、ここだけは気を付けて!

風でスカートがめくれる風景
※この画像と今回のテーマは無関係です。ただこの画像を使いたかっただけです。

さて今日は、スカートにトップスをインする場合についてのお話です。

全体のコーデバランスやその日の気分によって、トップスをウエストインすることってしばしばありますよね。

え、ない??私は結構あるんですけど。
ここではみんなもある前提でいくぞ。

で、スカートのタイプによって、そのトップスインがキマるものとそうでないものがあるんですよ。

何がキマるキマらないを左右するのかと言うと、ズバリ、それはウエスト部分のデザイン!
どういうことかちょっと解説していきますね。

皆さんには後半でお話する、『キマらないタイプ』のデザインについて特に把握していただきたいと思います。

 

スポンサーリンク


 

トップスインがキマるスカートのウエストタイプ

これは結構たくさんの種類があるので、ちょっと全てをここで挙げることはできません(汗)。

ただ総じて言えるのは、ハイウエストになっていたり、ウエスト部分にしっかり帯のような芯が付いているものは美しく着こなせます。

つまり、最もくびれているウエストの位置を、ちゃんと覆ってくれるタイプのものということですね。

 

トップスインがキマりにくいスカートのウエストタイプ

先に言っちゃいますが、それはヒップハンガータイプのスカートです。

ヒップハンガーっていうのはどういうやつかといと、ウエストぴったりの位置ではなく、もう少し下の、腰骨あたりで履くタイプのものです。
ヒップあたりでハングして(引っかけて)着るっていうことですね。

ちょっとイラストにしてみました。
左がヒップハンガータイプ、右がウエストのくびれ部分にしっかり芯が付いているタイプです。

分かりますかね??

ちなみにヒップハンガーはですね、ボトムをカッコよく履けるようになってるデザインなんですよ。

一時期、腰パンやローウエストジーンズなんかが流行ったの覚えてるかな?
あれらも言ってみればヒップハンガーです。

アレが流行った理由はまず、ウエスト位置を下に持ってくることで、ルーズさが出てこなれて見えるから。
あと、腰骨の膨らんだ部分から始まることで、ウエストの細い部分との比較効果がなくなり、お尻が小さくスマートに見えるからだと思います。

まーつまり、全体のヤボったい感じがなくなるとでも言いましょうか…。
(それと、お腹いっぱい食べても苦しくならないとかもあるかもな。)

そんなメリットのあるヒップハンガーですが、このタイプのスカートは正直、トップスインするとあまりイイ感じにはならない。

その理由はこれです↓

[su_list icon=”icon: exclamation-triangle” class=”colum170416″]

  • スカートの始まる位置が低くなる分、足が短く見える。
  • メリハリのないボディーに見える。
  • 時間が経って、スカートに入れていたトップスの部分が緩んでくると、その緩んだところがスカートに美しく被っていないことがあってカッコ悪い。

[/su_list]

イメージできるでしょうか…。特に3つ目とか(笑)。
またイメージしやすそうな写真を撮ったらアップしますね。

とにかく、ヒップハンガーの魅力が全て裏目に出るだけでなく、何だかだらしない印象になっちゃうのよ!
せっかくトップインでキレイなボディバランスを作ろうとしているのに…。

なのでコーディネートを組むときはもちろん、新しいスカートを買うときも、そのウエストがどんな作りになっているかも一度チェックしてみてくださいね。


 
ということで今回は、「トップスインに向いていないスカートのウエストデザイン」という、何ともニッチなテーマについてお話しました。

これを取り上げるか?普通。
何かの文脈の中でサラっと触れるならまだしも、これだけのためにコラム書くヤツなんているのか?

うん、いるー。
ここにいるし、これからもそういうテーマでじゃんじゃん書いてくよ!

 

スポンサーリンク