アイロンがけはどうしてる?お洋服のシワ取りにはスチームアイロンがいいってハナシ。

アンティークなアイロン

 
ってなワケでね。今日はアイロンがけについてのコラムです。

アイロンをかけるという作業自体は、正直、決して(私的には)楽しいものではない……。でも、シワのないお洋服を着るのはやっぱり気持ちいいし、何より見た目に清潔感が出てきます。

ただねー、洋服の生地によっては、普通のプレス型アイロンじゃキレイにならない場合があるのだよ。今回は、「んじゃ、そんなときはどんなアイロンを使えばいいの?」っていうお話です。
 

スポンサーリンク


 

シワ取りが大変な生地タイプ

サテン生地

まずは、普通のプレス型アイロンではシワ伸ばしが難しいと思われる生地を、いくつかピックアップしてみました。たぶん、「あー分かる~」ってなるよ。

[su_note note_color=”#d9e2ff”]
◆ふんわり柔らかなシフォン
◆見るからにデリケートそうなシルク
◆光沢のあるサテン生地
◆そのほか、“テロン”とした薄手素材 etc…[/su_note]

ざっとこんな感じでしょうか。まぁおそらく、すご~く丁寧に、当布をして慎重にやっていけば、きっとできなくもないんだと思います。

だけど、こういった生地タイプの洋服を台に置いてアイロンがけしていくと、台上で位置をずらしているうちにまた新しいシワができちゃったりするんですよね。あと、プレスする場所や力の入れ具合をちょこっと間違えるだけで、とんでもなく不格好な折り目がついたりもします。

なので、上記のような素材できたアイテムには、「NOアイロン台&NOプレス」でシワ伸ばしできるアイロンが必要というわけです。
 

スチームアイロンの出番だぜ!

スチーム
そこで大活躍してくれるのが、今回の主役であるスチームアイロンちゃん。

高温のスチームを、プシューッと吹きかけてシワを取るタイプのアイロンです。洋服から少し離して使うので、上からギュッと“プレスする”という動作は不要。ハンガーにかけたままアイロンがけができるので、もちろん台だって要りません。

ホント、スチームアイロンは一台用意しておくと、めちゃくちゃ便利で頼れますヨ♪

私の愛用品をご紹介!

私がスチームアイロンを使い始めたのは、もうかなり大昔のことです。アイロンがけが億劫だったデリケート素材の洋服たちが、短時間でみるみるキレイになってくれるので、最初は本当に感動しました。

それからというもの、ほとんどプレスタイプのアイロンは使っていません。普通のTシャツやニットなんかも、スチームアイロンで済ませちゃってます。

ちなみに、現在私が使っているのはコチラ↓↓


ハンディーアイロン&スチーマーicon
ウルトラスチームicon

icon
icon

付属品はこんな感じです♪

icon
icon

▼詳細はコチラ▼
ハンディーアイロン&スチーマーicon
ウルトラスチームicon

使い心地は。。。

お財布に優しい価格が魅力的なこの商品。あくまで個人的な感想ですが、比較的軽量なので、しばらく使っていても疲れにくいのが嬉しいです。もちろん、シワもキレイに伸びてくれますよ★

さらに、付属品もイロイロ付いているので、洋服の種類や用途に合わせて使い分けることが可能です。

ただ、この価格だからしょうがないのかも知れませんが、何年何年も使える商品かどうかは分かりせん……(汗)。というのも私、実はこちらの商品は2回購入してまして、1回目は割と早い段階でガタがきてしまったんですよね。

もしかしたら私の使い方が悪かったのかも知れないけど。でも使いやすくって、お手頃なので2台目を購入しました(^ ^)/ そのコは今でも元気にお仕事してくれていますよん。

QVCさんではレビューも掲載されているので、ぜひ参考にしてみておくんなまし。

▼詳細はコチラ▼
ハンディーアイロン&スチーマーicon
ウルトラスチームicon

 

アイロンがけもオシャレに大切なステップだ

ちょっとメンドクサさを感じるアイロンがけ。でも、ピシッとシワのないシャツや、変な折り目がついていないシフォンスカートは、着る人の、“洋服に対する気遣い”を物語ります。

それは、“着こなしがオシャレに見えること”とも密接につながっていて、スタイリングの完成度さえも左右する大切な要素。

なので、「シワがちょっと目立つけど、これはアイロンあてにくい生地だからもういいや~」なんて、おざなりにするんじゃありませんことよ!

今回ご紹介したようなスチームアイロンなども駆使しつつ、お洋服をきちんとキレイに整えてあげてくださいね★

スポンサーリンク