【連載 vol.3】“もっさり見え”にサヨウナラ!冬のあったかコーデを軽~い印象にする方法★

冬のファッション

 

こんにちは!いよいよ今回の連載も最終回でございまーすm(_ _)m

今日は、もっさりしがちな冬コーデを改善する3つ目の作戦、「小さく素肌を見せる」についてお話していきたいと思います。

ではいってみよー!

▼これまでの内容はコチラから▼

【連載 vol.1】“もっさり見え”にサヨウナラ!冬のあったかコーデを軽~い印象にする方法★

【連載 vol.2】“もっさり見え”にサヨウナラ!冬のあったかコーデを軽~い印象にする方法★


 

スポンサーリンク


 

作戦その3:小さく素肌を見せる

そもそも、なぜ冬の着こなしは野暮ったくなりがちなのか!?

これまでの内容と重複するところではありますが、その原因としては、

◆ブラックやブラウンなど、全体の色使いが暗くなるから。
◆ニットをはじめ、肉厚素材のアイテムが増えるから。

などが挙げられます。

それに加え、「肌の露出が少なくなる」というのも、大きな原因の一つです。防寒がマストなこの季節は、どうしても肌を洋服で覆いたくなっちゃいますからね。これはもう当然のことです。

ただ、見える素肌の面積が少なくなると、それに比例して“ヌケ感”というヤツも少なくなっちゃうんですよ…。

この“ヌケ感”。コーデにおいては、とっても大切な要素です。これをどうやってスタイリングで表現するかで、着こなしの洗練度が変わってきます。

ただ“ヌケ感”って、感結構ぼんやりとしたイメージで、人によって定義がかなりマチマチ。強いて言うなら、私は、「色気に似たようなモン」だと考えています。「色気そのもの」ではなくて、色気に「似たような」モンね。

これについて詳しく話し出すと長くなりそうなんで、今日はもうすっ飛ばすけど、要するに、このヌケ感とやらが少なくなると、着こなしが野暮ったくなって、何だか垢ぬけない仕上がりになっちゃうよ、ということです。

とは言っても、露出しまくればいいということではありません。もちろん。それではただの下品になってしまいます。

だからね、程よく出しましょう、お肌を。ということで、具体的な方法としては、次の3つをオススメしたいと思うんですの。

方法1:袖ロールアップで手首を出す

ブレスレットをつけた手元

一番カンタンかなと思う方法は、「手首を出す」というアプローチ。袖をたくし上げればいいだけなので、かなり手っ取り早いと思われます。

細い手首を見せることで、女性らしい華奢さやこなれた感じも醸せるしね。ブレスレットやバングルをつけるとより効果的!!

方法2:ヘアアレンジでうなじを出す

お団子ヘアの冬の女性

次にレコメンする方法は、「うなじ見せ」。ショートの方はそのまんまでOKだと思うけど、もしロングなら、ヘアアレンジでうなじを出すようにしてみましょう♪

デコルテ見せとかで肌を出しても全然いいんだけどね。ただ、冬はどうしても首が詰まったニットやプルオーバーの出番が多くなるから、うなじを出すっていうテクニックの方が使えるのではないかと。

重心が上に引っ張られるので、コーデ全体のバランスも取りやすくなりますヨ。

方法3:(可能なら)足首を出す

ハイヒールを穿く少女

最後にご紹介するのは、「足首を出す」という方法。タイツは履かず、素足 or ヌーディーカラーのストッキングにして、シューズもブーツじゃなくパンプスをセレクトします。パンツならロールアップすればOK。

ただねー、これは正直ちょっと厳しいときもあるよね。寒さ的に。だから、「今日はノータイツ&ノーブーツでもイケるかな~」という日限定の方法です。

気が向いたときにぜひどうぞm(_ _)m

 

これでアナタも冬の垢ぬけガールの仲間入り!

というわけで! これにて連載は終了です。

『“もっさり見え”にサヨウナラ!冬のあったかコーデを軽~い印象にする方法★』と題し、全3回にわたってお送りしてまいりましたが、何か参考にできそうなヒントは見つかりましたでしょうか??

いちおー、連載でご紹介した3つの方法を再度書いておきます。

作戦1:随所にホワイトを取り入れる。
作戦2:ミニ丈ボトムを投入する。
作戦3:小さく素肌を見せる。

では皆さん、残りの冬もしっかり防寒しながら、オシャレを楽しんでいきましょう~♪
 

スポンサーリンク