ミニスカを元気に着る「ミツバチ」コーデ。

◆コーデのテーマ:POPで元気なGirl(に年齢は関係ない)
◆コーデのポイント:ボーダーTでコーデにアクセントを。

ボーダーTシャツにイエローのカーディガンを重ね着し、ブラックのミニスカートを合わせたコーディネート。

ご存じの方も多いと思いますが、無印良品っていつも何かと注目を集めてるよね。

今日ご紹介するコーデは、そんな無印良品のボーダーTシャツを使ったやつです。
こうやって記事にも載せてることだし、なんかタダで良い商品送ってきくんないかな~、無印良品さん…。

そんな戯けはまあ置いといて、コーディネート解説いってみよう!

 

スポンサーリンク


 

STEP1:コーデの種を決める

今回のコーデの種は、イエローのニットロングカーディガンです。
毎度のことですが、やっぱり今日も明るい色が着たい!ってな理由で。

んで、このカーデを着るときにいつも考えるポイントがこちら↓
[su_list icon=”icon: check-square-o”]

  • 深Vネックなので、下に着るインナーのネックラインは、首元のバランスが美しく整うものを選ぶ。
  • 丈が少し長い&若干体にフィットするシルエットなので、ボトムスのボリュームやレングスに注意する。
  • このニットの毛は少し服に付きやすいので、毛が付きにくいor付いても目立たない生地のものをボトムに持ってくる。
  • 全体のバランスを見て、ボタンの閉め方・閉める数を決める。

[/su_list]

ということで、これらのポイントも念頭に置きながらコーデを組んでいきまーす!

※「コーデの種」とは、その日の気分や予定によって選んだアイテム・テイストなど、コーデを組むときの出発点になるものです。

 

STEP2:ボトムを決める

さて合わせるボトムですが、この日は何だかスカートを着たい気分でした♪
いつもならパンツを合わせることが多いこのカーデですが、たまにはスカート合わせも考えてみようと思いまして…。

ただ、私の定番アイテムである膝丈フレアスカートだとちょっと相性が悪い(汗)。
カーデの丈が少し長いので、スカートを合わせるならやっぱりミニの方がバランス的に◎です!

そこで、選んだのがブラックのタイトなミニスカート。
このスカートの生地は毛が付きにくいタイプだし、イエロー×ブラックという色合わせも超好き!

とここまでで、鮮やかなイエローのカーデと黒のミニスカというコーディネートが出来上がったのですが、それを見て湧いてきたのは「POPな元気Girl」というイメージ。

Girlと言えるような歳じゃないけどね!そこはほっとくんだぞ!!

何はともあれ、コーデ全体のテイストはそんなイメージで仕上げていくことに決定★

 

STEP3:カーデでのインナーを決める

POPなGirlをイメージしていくなら、もう少し遊びというか、ひと捻り欲しいな~…と私は思いました。

そこで投入したのが、冒頭でお伝えした黒×白のボーダーTであります。

ボーダーのピッチが細すぎず太すぎずの丁度良い感じで、着心地もGOOD。
ピタっとしたフィット感がこれまた私のツボ!
(なんか無印良品の回し者みたい…違います。)

柄物を取り入れることで、コーデにリズムができてPOPさもプラスされました♪
しかも柄物と言っても、白と、スカートと同じ黒しか使われていないので、散らかった感じにもならないしね。

さらに、基本的に深Vネックのアイテムのインナーにはタートルネックorボートネック、またはチューブトップを合わせる私ですが、今回のボーダーTのクルーネックなら、首元のバランスという点においてもOKかなと思いました。

足元にはまたまた黒のショートブーツを合わせて、若干の”ゴツさ”をプラス。
そうすることで、ミニスカが持つ「いやらしさ」を「健康的に」見せることができます!

そして最後にちょっと細かい点ですが、カーデのボタンの閉め方を決めます。
いくつかパターンを試した結果、今回は上の2つだけ閉めるのがバランス的に良かったのでそれに決定♪

はい!以上で今回のコーディネートは完成です!!

 


出来上がったコーデを見たときの私の感想は、「なんか、蜂みたい」。

あ、やっぱりあなたもそう思った?
え?別に思ってない?

ってか、そんな言うほど興味ない?
あーそっちか~。そんな言うほど興味ないパターンの方~。

まとめ
インナーに柄物を取り入れてコーデに奥行を出す。
ミニスカを履くときは、合わせるアイテムを考えていやらしさを軽減する。

 

スポンサーリンク